プラグイン

WP to TwitterでWordPressの投稿とツイートを連動する

2017.08.19

2017.08.20

鳥とポスト

WordPressの投稿時にエントリーを自動でツイートしてくれるプラグインWP to Twitterを実装してみました。プラグインのインストールはいつもながらのシンプルな手順ですが、Twitterのアカウントには携帯番号が登録されている必要があります。

WP to Twitterの初期設定

プラグイン>新規追加>WP to Twitterを検索しインストールします。有効化すると左メニューにWP to Twitterが表示されますので、設定画面に移動します。

wp to Twitter

Twitter Connectionタブの指示に従って設定

設定画面を開くと初期ではTwitter Connectionタブになっています。基本的にタブの指示通りに設定を行っていけばOKです。

Twitterアプリケーション登録ページ

Twitterと連動するWordPressをアプリケーションとして登録するためにWordPressと連動するTwitterアカウントにログインしてTwitterアプリケーション登録ページに移動します。タブのリンクを踏む時はブランクで開かせるためコントロールorコマンドを押しながらクリックしたほうがいいかもしれません。

各項目に入力

WP to Twitterのセットアップを参考に各項目を入力します。登録が終わったらSettingタブに切り替えて、アプリケーションタイプがRead and Writeになっているのを確認して保存します。

入力画面

連動するアカウントに携帯番号が登録されていなければエラーが出ます。

アクセストークンを作成し管理画面に入力

Keys and Access Tokensタブに切り替えてアクセストークンを作成します。

Accessトークンボタン

API KeyとAccess Tokenを入力

WP to Twitterの基本設定画面に戻りAPI KeyとAccess Tokenを入力しTwitterと連動をクリックすればアカウントの紐付けが完了です。

通常の投稿だけでなくカスタム投稿タイプにも対応

後は投稿時の設定を行うだけです。私はリンクのチェックのみ外して他はデフォルトで運用しています。通常の投稿だけでなく固定ページやカスタム投稿タイプとも連動できるようです。設定画面のTest WP to Twitterボタンをクリックすればタイムラインにテスト投稿ができますので、事前に確認ができます。

予約投稿でどの時間に投稿するのが1番流入するのか?統計が取れるほどのアクセス数になったあかつきにはテストしてみたいです。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する