プラグイン

WordPressの記事入力がマークダウンでサクサクできるJP Markdown

2017.09.09

原稿作成準備

WordPressの記事入力はワードのように入力できるビジュアルモードとスニペットやタグを直接入力するテキストモードの2つの入力から選択できます。

どちらも一長一短がありますが、SEO効果と見た目のコントロールを重視するならテキストモードで行ったほうが良いっていうのが私の見解です。

マークダウンという選択

テキストモードの入力を簡易化する方法としてマークダウンがあります。マークダウンは簡単な記法でHTMLのマークアップが行えます。例えば見出しタグのh1であれば#ハッシュ+半角スペースで記述できます。

# ページの大見出しが入りますと入力すれば以下のように出力されます。

<h1>ページの大見出しが入ります</h1>

マークダウンは少し記法を覚えなくてはならないのですが、とても簡単でナイスなマークアップ法なのです。

見出しとリストと強調の書き方を覚えておけば、普段の更新では事足りると思います。あとはタグと併用、もしくは都度記法を調べるで十分だと思います。

WordPressでマークダウンならJP Markdown

WordPressのマークダウンはJP Markdownが手軽でおすすめです。JP Markdownは特に設定も必要なくインストールするだけで使えます。

  • どちらの入力モードにも対応
  • 通常の投稿に対応
  • 固定ページに対応
  • HTMLタグと併用できる
  • カスタム投稿タイプは対応していない

万が一開発が止まっても大丈夫

この手の投稿を支配するプラグインで怖いのが開発が止まったり、プラグインをアンインストールした時の挙動なのですがJP Markdownは問題ありませんでした。

プラグインをアンインストールしてもマークダウン記法を行った箇所がHTMLタグに置き換えられていますで、安心して使えます。

よく使うマークダウン記法

せっかくなのでよく使うマークダウン記法を紹介します。

見出し系

見出し系は#+半角スペースです。#の数とhレベルがシンクロしています。

# 見出しがはいります

<h1>見出しが入ります</h1>

## 見出しがはいります

<h2>見出しが入ります</h2>

### 見出しがはいります

<h3>見出しが入ります</h3>

#### 見出しがはいります

<h4>見出しが入ります</h4>

##### 見出しがはいります

<h5>見出しが入ります</h5>

###### 見出しがはいります

<h6>見出しが入ります</h6>

リスト系

リストの入力も簡単です。

- 箇条書きリスト

<ul>
<li>箇条書きリスト</li>
</ul>

出力例

当サイトでは以下のように出力されます。

  • 箇条書きリスト
  • 箇条書きリスト
  • 箇条書きリスト

- 数字リスト

<ol>
<li>数字リスト</li>
</ol>

出力例

当サイトでは以下のように出力されます。

  1. 数字リスト
  2. 数字リスト
  3. 数字リスト

楽ができるなら楽なほうがいいい

記事の投稿は原稿を考えるだけでも大変なので、入力ぐらい楽したいところです。マークダウンは慣れるとビジュアルモードよりも全然早く入力できるので、きっと助けになるはずです。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する