プラグイン

Advanced Custom Fieldsの投稿オブジェクトの出力方法

2017.08.16

2017.09.02

ポスト

Advanced Custom Fieldsの投稿オブジェクトは指定した投稿の様々な値を利用することができます。当サイトではトップページのキービジュアルにあたる部分を投稿オブジェクトで実装しました。投稿オブジェクトは複数指定も可能ですが、その場合は「関連」を使ったほうが便利なので、当サイトのように1記事しか指定しない場合には投稿オブジェクトがおすすめです。

投稿オブジェクトの設定

投稿オブジェクトを利用するには管理画面からフィールドタイプに投稿オブジェクトを選択すればOKです。その他はデフォのままです。ACF Proの場合は投稿オブジェクトをIDでも指定できます。

投稿オブジェクトの出力

投稿オブジェクトの場合の出力方法です。post_fieldは設定したフィールド名に置き換えてください。

<?php
$post_field = get_field('post_field');
?>

まず、フィールドを変数にセットします。

タイトルの出力

<?php echo $post_field->post_title; ?>

パーマリンクの出力

<?php echo get_the_permalink($post_field->ID); ?>

アイキャッチの出力

<?php echo get_the_post_thumbnail( $post_field->ID,'サイズ'); ?>

投稿日時の出力

<?php echo get_the_date('Y.m.d',$post_field->ID); ?>

所属カテゴリの出力

<?php
$categorys = get_the_category($post_field->ID);
$category = $categorys[0];
$cat_name = $category->cat_name;
?>
<?php echo $cat_name; ?>

一般的なパラメータはこんなところでしょうか。冒頭でも触れましたが、Proを利用している場合は戻り値はやっぱIDのほうがまどろっこしくなくていいかもしれません。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する