WebDesign

ナイスフッターとは何なのか?ウェブデザインのフッターについて熱く語ってみた

2018.03.05

shoe

フッターはWebデザインの仕上がり具合を左右する重要なブロックです。なのにフッターに対する強い要望をいただいたことは殆どなく、修正が発生した案件も数えるほどです。ちなみに私がウェブデザイナーになってから手がけたデザインは少なくとも500サイト以上にのぼります。

もしかして皆んなフッターに興味ない?!

そんな恐ろしい仮説が頭をよぎりに身を震わせます。きっと私がクライアントを納得させるナイスフッターを生み出していたんだと言い聞かせながらナイスフッターについて少し語ってみようかと思います。

フッターの役割

ウェブサイトにおいてフッターは様々な役割を果たします。ユーザービリティ的にもSEO的にもその活躍の幅は広くウェブデザイナー達はこぞって日夜ナイスフッターを生み出すために血の滲むような努力をしています。もちろんフッターがデザインの完成度を左右するのは言うまでもありません。

サイトマップとして大活躍

近年のウェブサイトではフッターはサイトマップとしても大活躍しています。皆さんもよく見かけると思います。フッターに各ページへのリンクが設置されてるアレです。

大規模サイトにもなると、レイアウトに細心の注意を払わなければ野暮ったくなってしまうのでデザイナーとしては腕の見せ所ではあります。

レスポンシブのスマホ時のごちゃっと感

フッターをサイトマップとして活用する時のボトルネックになるのがレスポンシブのスマホ時です。大規模サイトだとやたら長くなってしまいますから。

カテゴリーでアコーディオン

カテゴリーが適切に設定されている場合はカテゴリーのラベルをアコーディオンの開閉ボタンにしてごちゃっと感を緩和させることが可能ですが、うまくグルーピング出来ていない場合もありますので、鉄板の施策ではありません。

スマホ時はメニューとして格納

もう一つの打開案はハンバーガーメニューに格納してしまうことです。メニューをわざわざ別でコーティングする必要がないのでワンソースで制作するレスポンシブの理にも叶っています。しかしスマホメニューはセグメントのうえスッキリさせたい!といった要望がある場合、この策は使えません。

一筋縄ではいかないなかなかホネのあるヤツだなぁフッターは・・・・・

SEO対策にも貢献

フッターはSEO対策にも貢献します。サイトマップを設置すれば内部リンク強化の一助になりますし、所在地を記載すればローカルSEOの一助になります。フッターを侮るなかれです。

デザインとしてのフッター

オシャレは足元からではないですがフッターのデザインがサイトデザインの優劣に大きく影響を及ぼすのは間違いありません。コレはナイスフッター!と個人的に感じたサイトを紹介したいと思います。

フッター参考01

シンプルなフッターです。美しい!CONTACT USはダイナミックにセンテンスごとホバーになっています。

フッター参考02

同じくシンプルで美しいフッターです。フォントのチョイスとか真似しちゃいたくなります。

フッター参考03

まとめ方が秀逸ですね!フッターの役割をちゃんとはたしてますね!

フッター参考04

大胆なタイポでシンプルながらもインパクトのあるフッターにまとまっています!

フッター参考05

前述のフッターの抱える問題をうまく解決しているナイスフッターです!

フッター参考06

非常にデザイン性の高いフッターです!スマホ時もスワイプで美しさをキープしています!

まとめ

いやぁ美しいフッターを見ているとテンションがあがります。私なんかまだまだフッター道の入り口に立った程度でこれからも精進しなくてはって気持ちになります。シンプルですっきりまとめられていて、型に縛られない!これがフッターデザインの現在の王道なのでしょうか!

  • デザイン性
  • 機能性
  • SEO効果

これらを満たすナイスフッターを生み出せるように努力あるのみです。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する