レンタルサーバー

Web制作をもっと勉強したい!だからサーバーを借りたい!で、どこがいいの?

2017.11.27

Web制作の勉強

Web制作の勉強をするならサーバーは必須です。
ローカルマシンに環境を構築する手もありますが、折角なら学びの過程での制作物をポートフォリオとして活かしたり、WordPressでブログを構築して備忘録を残したりして多目的用途で活用すると無駄がありません。

で、サーバー選びですね。

安全に運用するのならある程度の制限があるほうが望ましいのですが制限がネックになって試したい機能も試せない・・・・のでは借りた意味もありません。なので色々なことを覚えようとするのならば出来ることの制限があまりないサーバーがおすすめです。

自由度の高いVPSか使い勝手の良い共用サーバーか

サーバーには専用サーバーやクラウド、VPS、共用サーバーなどがあります。一般的にレンタルサーバーと呼ばれているのは共用サーバーのことです。どのサーバーを選ぶかは予算の絡みもありますが、おすすめしたいのはVPSです。自由度も高くサーバーのことを俯瞰で見れるようになり、セキュリティ意識も高まり理解を深めるのに適しています。

しかしコマンドラインでの操作が必要なので、とっつきにくい一面もあります。その辺に抵抗がなければVPSで大丈夫だとおもいます。GUIでないと不安!というなら共用サーバーがいいと思います。

VPSならConoHaがおすすめ

価格、機能、安定性、使い勝手を総合的に考慮しておすすめなのがConoHaのVPSです。VPSの中では安いですよね。検索した時の情報量も豊富なので大概のことは検索で解決できます。

ConoHaの特徴

サクッとConoHaの特徴を説明します。ConoHaは月額料金だけで利用できます。そしてストレージはSSDなので早いです。プランの変更も容易にできますので、小さく始めてサイトの成長を見守りながら拡充していくことができまます。管理画面は2段階認証対応です。ちなみにメールサーバーは別です。

  • 月額料金だけで利用できる
  • ストレージはSSD
  • コストの最適化が可能
  • メールサーバーは別
  • 管理画面は2段階認証がつかえる

共用サーバーならXserver

共用サーバーならXserverです。価格もConoHaとそんなに変わりません。共用サーバーならでは使い勝手と安定稼働とハイスペックを両立しています。

Xserverの特徴

Xserverの特徴は安定稼働、ハイスペック、できることの多さです。共用サーバーでSSHが使えたりサーバーがNginxだったりHTTP/2だったりmod_deflateが使えたりストレージはSSDだったり同価格帯のレンタルサーバーの中ではぶっちぎりです。

  • SSHが使える
  • HTTP/2対応
  • Nignx
  • ストレージはSSD
  • mod_deflate対応

あと管理画面も使いやすいですし、サーバーの扱いが不慣れで不安ならXserverがおすすめです。

高速化とセキュリティ

最近のホームページには高速化とセキュリティ強化が求められているとひしひし感じています。それらの条件を安価で満たすのがConoHaのVPSとXserverです。同価格帯でこれだけの好条件はなかなかありませんので気になった方は是非試してみてください。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する