SEOの考え方

ページの読み込み速度がモバイル検索順位に影響する件について

2018.02.01

亀

先日Googleのウェブマスター向け公式ブログで「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」と言う記事が発表されました。
表題の通り解釈すると「ページの読み込み速度が速い方が上位表示される確率が高い」なのかな?と思いがちですが、違います。

遅いページのみが影響を受けユーザーの評価が高いページはその限りではない場合もある

どうやら読み込みの遅いページに対して影響のある施策のようです。そして読み込みが遅いページであっても上位表示されているようなすでに評価の高いページはガクンと順位が下がるような事はないとの事だと思われます。今回のアップデートの実施は2018年の7月からで、まだまだ日もあるので影響が気になるサイト運営者は対策をしてもいいかも知れません。

ページ速度対策の注意点

ページの速度対策は闇雲に行ってしまうと終わりが見えない果てしない作業になってしまう可能性があります。厳密にってなればなるほどやるべき事が増えるからです。ページの速度だけを気にしているとメンテナンス性が悪いサイトになり、更新そのものが滞ってしまい本末転倒な結果を招くこともあります。速度対策は柔軟な考えを持って対応する事が大前提です。

計測ツールに引っ張られすぎない事

ページの表示速度を計測するツールは多々ありますが、それをコンプリートする事は考えない方が現実的です。ツールの示す指標は表示速度改善には役立ちますがベストプラクティスとも言えません。手間がかかり過ぎるものや、ページの作りによっては運営の足かせになってしまうような提案も含まれているからです。

ボトルネックを見つける

もしページの読み込みが遅いのならまず原因を特定するところからはじめましょう。ブラウザの機能を使えばある程度の原因を特定できます。

Chromeの場合
  1. 表示>開発>デベロッパーツール
  2. タブをNetworkに合わせてリロード
Safariの場合
  1. 環境設定>詳細>メニューバーに”開発”メニューを表示にチェック
  2. 開発>Webインスペクタを表示
  3. タブをネットワークに合わせてリロード

ページの読み込み速度のボトルネックになるものがあれば、これらで特定できるかもしれません。

専門家に相談する

ページの速度対策は画像を圧縮するシンプルなものから、サーバーの設定が必要な専門性の高いものまで様々です。その点を踏まえるとWeb制作会社などの専門家に相談するのもいいかもしれません。

代表的な速度対策

代表的な速度対策を紹介します。

  • ファイルサイズの圧縮
  • サーバーサイドのファイル圧縮
  • ソースコードの圧縮
  • キャッシュの利用
  • 外部ファイル読み込み位置の調整

などがあります。
サーバーサイドのファイル圧縮やキャッシュの設定は可能なサーバーなら是非行うべきです。外部ファイル読み込み位置の調整やソースコードの圧縮は制作知識が必要ですが効果が高いので、可能であれば行うべきです。

運営側がとくに気を付けなければならないのがファイルサイズの圧縮、画像の圧縮です。制作時はチューニングがきっちり施されたものでも運営時にほころびてくるというのも、結構ありがちです。

作業そのものは単純で専門知識がなくても行えることであっても、日々の運営でこれを維持するのはなかなか難しいものです。行程が増えて面倒に感じますからね。

この辺りが、対策は何でもかんでも行わない方が良いと言われる所以で、対策に躍起になって運営そのものが疎かになっては意味がありません。

速度対策はボトルネックを的確に見つけ、なるべく運営側に負担がかからない様な、施策であるべきですね!

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する