SEOの考え方

SEO対策やホームページ制作を依頼する時に勘違いしてはいけない事

2017.10.15

戦略会議

SEO対策やホームページ制作を依頼する時に勘違いしてはいけないことがあります。

ホームページで問い合わせなどの成果を得るためには、何かしらのコストがかかるということです。

ビジネスにホームページを活用するにはアクセス数が必要

ホームページをビジネスに活用するためには必ずアクセス数が必要になります。どのぐらいのアクセス数が必要なのか?例えばホームページでのゴールが問い合わせであった場合、どのぐらいの件数が必要なのかで変わってきます。

ユーザーが問い合わせに至る確率を1%と仮定すると
100の問い合わせが欲しい場合は10000アクセスになります。

ここの確率が極端に低いなどの問題があればホームページのコンテンツや導線を見直す必要があるのですが、まずはアクセス数が必要なのです。

アクセスアップには資金も手間もかかる

アクセスアップには資金も手間もかかります。
まずこれが大前提です。
手間はかけれるけど資金はかけたくないという場合は手間に比重を置き、手間は最小限にという場合は資金にウェイトを置きます。

手間も資金もかけられない場合は、何かしらのミラクルが起こらない限り、成果が上がることは期待できません。

もう一つ言うなら、資金も手間もかけれない状態で中途半端にホームページに手を入れて、成果が出なかった場合ホームページに対しての印象が悪くなるのを避けるために、特に何もしないが賢い選択かもしれません。

どうせやるだけ無駄的な考えを持たれてしまうと、今後の機会損失につながるかもしれません。

ホームページは適切な運営を行えばかなりの成果が期待できるからです。掛かる費用や手間は、業種にもよります。

ビジネスにホームページを活用するには長期的な計画が必要

集客を広告に頼らない前提ですが、ビジネスにホームページを活用するには長期的な計画が必要です。資金とリソースのバランスもありますし、どんなコンテンツが有効なのかを調査する時間も必要です。

ホームページは特性上、運営を行いながらの起動修正も行いやすいので、しっかりとプランを立て、計測を行い成功へと舵取りを行います。

その成果はプロダクトライフサイクルが続く以上、永続的に期待できますので、こぞって企業が取り組んでいるわけですね。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する