SEOの考え方

120日間毎日ブログを続けた成果とメリットとデメリット

2017.12.07

カレンダー

約120日間、毎日欠かさずブログを続けました。1年の約3分の1です。直近のPV平均はおおよそ100/日です。ちなみに運営直前に取得した新規ドメインなのでアクセス数はまずまずなんじゃないでしょうか。

しかし、このサイト立ち上げ時に与えられたミッションを遂行するには、まだまだこれからです。では、話を変えてせっかく休まず120日続いたのでブログ毎日を続けたことによるメリット・デメリットを紹介してみようと思います。

ブログを毎日続けた成果とメリット

頑張った甲斐あってなかなかにいい成果です。
簡単にまとめると

  • 120ページのコンテンツを得た
  • PVが伸びた
  • インプットアウトプットを繰り返して知識が増えた
  • 別の視点で捉えることができるようになった

こんなところです。

120ページのコンテンツを得た

スタートから毎日休まずブログを書き続けたことによって、120ページものコンテンツを得ました。ほとんどのコンテンツは「ホームページ制作」と関わりがあるコンテンツなので、ビッグキーワードを狙う土俵ができた気がします。120ページあるので内部対策も有意義に行えそうです。SEO効果も今後ますます期待できるとふんでいます。

ここからが本当のスタートで、スタートに勢いをつける材料を得た感じです。

PVが伸びた

スタートは当然0からなのですが120日を経て平均100/日のPV、セッションは80前後になりました。数値的にはまだまだこれからですがしっかりとCVを定めてこれを活かしたいと考えています。

インプットアウトプットを繰り返して知識が増えた

毎日アウトプットすると言うことはインプットも行わなくてはなりません。様々なことを学習し記事としてアウトプットすることで、結構知識が増えた自覚があります。アウトプットは自分だけが理解できればいいわけではありません。その辺を加味すれば多少なりともスキルアップできたのではないのかと思っています。

別の視点で捉えることができるようになった

コンテンツは量も質も大事だけど、独自性がもっとも大切だと言う認識でしたが、量にシフトしている自分がいました。自分では出来ている、やっているつもりでも制作物から判断するとそうなっています。そのことに気づいてからもっと別の視点からコンテンツ制作を捉えることができるようになり、新たな計画に活かす予定です。

ブログを毎日続けた事によるデメリット

続いてブログを毎日続けた事によるデメリットを紹介します。

  • ブログで手一杯になってしまう
  • コンテンツにクオリティの差が生まれる
  • 本質を見失いそうになる

ブログで手一杯になってしまう

ブログを更新することに注力しすぎると、リソース的にその他の施策が行えなくなります。このサイトは私一人で運営しておりますので、まだまだこんなことがやりたい!ってのがあるのに現実問題ブログの更新に手を取られ計画通りに進んでいるとは言い難い状態です。

コンテンツにクオリティの差が生まれる

これはなるべく無いように心がけましたが、後で読み返して見ると納得のコンテンツもありますが、もうちょっと出来ただろうって感じるコンテンツもあります。これはコンテンツ間のクオリティの差ですね。

本質を見失いそうになる

前述の2つのデメリットとも関わりますが、更新することが目的になっていて成果を置いてけぼりにしそうになっていました。ホームページ制作でも制作することが目的になってしまうと成果を得ることが危ういサイトになってしまいますので、注意が必要です。

なぜ毎日続けられたのか?

毎日続けられたのは毎日更新ルールを採用したからです。
毎日続けて一定期間が過ぎると休むことにすごく抵抗を覚えます。

これは自分との精神的な駆け引きとでも言うのでしょうか。

ここまで続けたのに途切れるのが勿体ない

この作用が働いて毎日更新をやめるという選択をさせてもらえません。そうなってくると先ほどのデメリットではありませんが目的が毎日続けることに変わってしまいます。

毎日続けてよかったか?

毎日続けてよかったと思っています。
今後の舵取りの見直しは必要ですが、ひとまずのアクセスは稼ぐことができていますので、今後は質に変換していくことと内部リンクを利用して最初から有利にコンテンツを作成できると思います。

今後は毎日続けるかわかりませんが、何かしらの成果が得られたらまた報告したいと思います。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する