インハウスSEO

インハウスSEOを成功に導く3つのポイント

2017.10.14

2017.12.20

アナリティクス

費用を抑えて安定したコンバージョンを獲得するためにはインハウスSEOの成功が欠かせません。インハウスSEOを導入するためにはいくつかの課題があります。

仮にその課題はクリアしているとしても、インハウスSEOを成功に導くためには押さえておくべき3つのポイントがあります。

その1 情報更新

ここで言う情報更新はWebサイトの情報更新の事ではなく、知識の情報更新のことです。インターネットを取り巻く環境の変化はめちゃめちゃ早く、そしてめまぐるしい変貌をとげます。

そんなチャネルだからこそ固定観念はなるべく持たずに柔軟な考えをもって新しい情報をどんどん取り入れていく姿勢は大切です。もちろん知り得た情報は取捨選択し整理しましょう。

過去に効果があった対策も現在では・・・

昔過ぎる事例で申し訳無いのですが、広く認知されている事なので敢えて題材にさせていただきます。

ひと昔前のSEO対策は被リンクが特に重要でした。今も被リンク数は重要なのですが中身が違います。当時は、リンクの質に関係なくSEO効果があったので、とにかく被リンクに集めに躍起になってSEO対策を行っていたサイトもたくさん存在しました。

しかし、度重なる検索エンジンのアップデートでそれらの被リンクは意味をなさなくなり、質の悪いサイトから受けた被リンクがSEO的にマイナスに作用するようになりました。

情報の更新を怠ると取り返しのつかないことになることも

情報の更新を怠ると前述のようにSEO効果が上がるどころか取り返しのつかな事態にまで発展しかねません。

このことからも固定観念に縛られず、常に情報を更新するこの重要性がわかるかと思います。

その2 誰に向けてのコンテンツなのかブらさない

そのコンテンツは誰に向けてのものなのか?
これをブらしてしまうと誰にも刺さらなくなることもあり得ます。

ビッグサイズの服を体の小さな人にプロモーションしても売れるわけがないことはわかるかと思います。Webサイトのコンテンツもそんな感じです。必要のない人に必要のない情報を提供しても効果がないということです。

もしかしたら体の大きな誰かに宣伝してくれるかもしれない!なんてスケべ心はいりません。

必要な人に必要な情報を届けるために

必要な人に必要な情報を届けるためには「誰」に向けての情報なのかを明確にさせてコンテンツ作りを行う必要があります。結局「誰」が不明瞭なままだと、前述のような無駄なプロモーションを行ってしまうことにつながり兼ねません。

その3 数値を見るポイントを間違えない

最後になりましたが、数値を見るポイントを間違えないこともインハスSEO成功の鍵になります。これはどういうことか?

アクセスアップは手段でしかない

SEO対策はアクセス数を増やすために行うのですが、それはあくまでも手段であってホームページに求められる結果はコンバージョンです。アクセス数が増え始めた時に、あまりにもコンバージョン数が少なければ、何か問題を抱えている可能性があります。

目的を見失わず、掲げた目標に届かない場合は、現状分析を行い軌道修正を適宜行わなければなりません。

つまりアクセス数にだけとらわれてはダメだってことですね。

SearchConsoleのサインを見逃すな!も参考にしていただければと思います。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する