コンテンツSEO

コンテンツSEO成功の鍵はずばりキーワードの数!

2017.12.11

成功

コンテンツSEOの成功にはエンゲージメント率の高いコンテンツ制作が欠かせません。 エンゲージメント率の高いコンテンツを作り出すためには、ユーザーの関心が高いキーワードをどれだけ多く抽出できているかにかかっています。

乱暴に言えばキーワードの数はコンテンツSEOの成功に大きく関わっていると言うことです。

キーワードを探す

キーワードの発掘はかなり気合いを入れて取り組みます。そして全てのコンテンツはキーワードを基に制作します。

ベネフィットの洗い出し

キーワードの発掘にはまず、御社の商材をユーザーが利用した時のベネフィットを洗い出す必要があります。コンテンツを通してどのような価値をユーザーが得れるのかを伝えなければ、コンバージョンにつなげるのは困難だからです。

ユーザーが得られる価値に対して、ユーザーがどのような言葉で検索をするのか?キーワード発掘のポイントです。

仮説を立てる!幾つでも!

どのようなキーワードでユーザーが検索するのか?
分からなければ仮説を立てましょう。
想定できる仮説ならいくらでも立てましょう。
この仮説がコンテンツのネタになります。

フレームワークを利用する

モレなくダブりなくのMECE(ミーシー)、5W2Hなどのフレームワークを活用することでキーワードの精度が上がるのでオススメです。

MECY
Mutuallyお互いに
Exclusive重複せず
Collectively全体として
Exhaustive漏れがない
5W2H
Whyどのような理由で
What何を
Whenどのような時に
Who誰が
Whereどこで利用した
Howどのように
How much費用

私がバックパックを購入することをモデルに、5W2Hに当てはめると以下のようになります。繋がりをよくするために順序を変更しています。

Who自宅と職場間でMacを持ち運ぶデザイナー
Where電車・徒歩・自転車
How安全に持ち運びできる
WhyMacBook Pro15インチを持ち運ぶため
When通勤時に利用する
Whatバックパック
How much8000円

どうでしょうか、各要素に分けたことによってニーズやキーワードが見えて来ませんか?
バックパックはリュックサックのことですが、このセグメントではバックパックです。条件はMacBook Pro 15インチを持ち運ぶことで、ベネフィットは安全に持ち運ぶことができる。ベネフィットのキーワードである「安全に持ち運びできる」と親和性の高いキーワードは「クッション性」であったり「頑丈」であったりです。

このような事もフレームワークを用い、仮説を立てることにより具体性が出て来たわけです。

その他にも誰がデザイナーなのできっとデザインも気にしますので「スタイリッシュ」であったり、ペンタブも一緒に運べます的な事も刺さるかも知れません。もちろん商品がそれに対応している必要があります。

私のモデルケースだけでもたくさんのキーワードを発掘することができました。
ベネフィットである、「安全」「頑丈」「クッション性」
付加価値である「スタイリッシュ」「ペンタブ」
条件である「MacBook Pro 15インチ」
仮説を立ててモデルケースを増やせば増やす程、キーワードが増え作るべきコンテンツも増えます!そして、そのモデルケースに該当するユーザーにとって有益な情報になることは間違いありません。

ユーザーは何を与えてくれるかで購買を決定する

ユーザーは商材によって与えられる価値にお金をはらいます。サービスやモノに執着がというよりは得られる結果です。コンテンツはそれらを明確に伝えられなければなりません。それらが伝わるコンテンツが購買やエンゲージメント率向上に繋がり、コンテンツSEOを成功に導きます。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する