コンテンツSEO

コンテンツSEOを効果的に行うためにSEO対策の基礎をおさえておく

2017.08.24

虫眼鏡を持つ青年

コンテンツSEOに関する情報は巷にあふれていてコンテンツSEOで検索するとすぐに有用な情報を見つけることができます。コンテンツSEOは現在のSEO対策の主流でインターネットをビジネスに活用する企業がかなり本気で取り組んでいます。

コンテンツSEOが普及した背景

実はかなり前からコンテンツSEOの考え方がSEO効果が高いことはGoogleに公表されていました。しかし当初は本気で取り組む企業は少なく普及するまでには一定の期間がありました。

集客の主流は広告だった

広告は今でも有用な集客手段でありますが、当時の集客手段の主役は広告で、特にリスティング広告はたくさんの企業が行っていました。しかし、広告も飽和状態になり人気キーワードの広告単価は青天井になり広告による集客は資金力勝負といっても過言ではなくなってきました。

アルゴリズムの変化

SEO黎明期は小手先のテクニック、いわゆるブラックハットSEOが横行していましが、度重なる検索エンジンのアップデートにより不正なテクニックが通用しなくなりました。

ユーザーの変化

インターネットの普及に伴い誰もが価格、品質、評判など情報収集が簡単に行えるようになり、ユーザーの購買プロセスは変化しました。様々な角度からユーザーにベネフィットを伝えることが大切で、コンテンツSEOがそれに適した手段なのです。

コンテンツSEOはじめるには?

コンテンツSEOを始めるには少なくとも以下の二つが必要です。

  • 情報を発信する仕組み
  • コンテンツを定期的に発信する運営体制

情報を発信する仕組み

コンテンツSEOで情報を発信する仕組みとしてよく用いられているのがWordPressです。何か特別なこだわりがないのであればWordPressで情報を発信するWebサイトを用意します。

コンテンツを定期的に発信する運営体制

コンテンツSEOの成否はコンテンツを発信する運営体制にかかっています。ターゲットの選定から始まるしっかりとした計画に基づいてコンテンツを発信していく運営体制が必須です。

コンテンツの制作を外部に依頼することもできるが・・・・

コンテンツの制作を外部に依頼することも可能ですが、依頼のやりとりやチェックバックを行う専任の担当者は少なくとも必要です。

リソースを割くかコストをかけるか

コンテンツSEOは手軽に始めることが可能なのですが、成果を着実なものにするためにはリソースを割くかコストをかけるかの二択に迫られます。

WordPressがブログツールでコンテンツ制作も基本記事を書くことなので、甘く考えがちなのですが、業務の片手間で出来ることではありません。

コンテンツSEOに求められるSEO対策の基礎

コンテンツを制作するにあたり、SEO対策の基礎でもある以下の2点を押さえておけばより効果的です。

  • タイトルでユーザーの興味をひく
  • ディスクリプションでユーザーの興味をひく

タイトルでユーザーの興味をひく

思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルを考えるということです。タイトルには検索に使用されると想定するキーワードも含めておきます。過度にキーワードを詰め込むのも逆効果です。そもそも伝わりにくくなりそうですしね。

長すぎるとタイトルの全てが表示されませんので、重要なことは前の方に書いておくようにすることです。

タイトル制作のポイント

  • クリックしたくなるような魅力的なタイトル
  • キーワドを含める※キーワードを詰め込まない
  • 重要なことは前の方に書く

ディスクリプションでユーザーの興味をひく

ディスクリプションは検索結果に用いられるページの概要を示す文章です。ユーザーはタイトルとディスクリプションでページに訪れるかの判断を下します。

本文の抜粋を記載するのではなくコンテンツをアピールするための文章にします。160文字以内が適切だと言われています。ディスクリプションもタイトルと同じくキーワードを含めておきます。過度に詰め込まないのも同じです。

重量なことは前の方に記載するのも同じです。

ディスクリプション制作のポイント

  • コンテンツをアピールするための概要
  • キーワードを含める※キーワードを詰め込まない
  • 重量なことは前の方に書く

ユーザーにとって有益なコンテンツを制作する

Webサイトのコンテンツはユーザーにとって有益な情報であることが大前提です。ユーザーにとってのベネフィットを考えコンテンツを構成しましょう。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する