Troubleshooting

MacBookProが起動しなくなった時に行ったトラブルシューティング

2017.11.11

起動しないMac

先日Macが起動しなくなりました。 作業をしていていきなり画面が白くなって操作を受け付けなくなった感じです。 結果修理に出す事になったのですが、原因究明のために行った事と修理に出すまで各所に問い合わせた内容などまとめています。

Macが起動しない時に行う事

まず、機種ですね。機種によって若干対処法が違うので以外に紹介するのはわたしの機種、Macbook Pro 15インチmid2015で行った事です。

私が最新に行った事はセーフモードです。セーフモードで起動させる事によって問題を切り分ける事が出来るかも知れないからです。セーフモードはshiftキーを押しながら起動します。

通常の起動よりは時間が掛かりましたが起動出来ました。なので機械的な問題じゃなくてシステム的な問題だろうと思い、各トラブルシューティングを試していきました。

NVRAMのリセット

NVRAMのリセットはMacの設定情報をリセットします。ジャーンの起動音を消している人はコレのリセットを行うと起動時にジャーンってなるからびっくりしますよ。

NVRAMのリセット方法

システム終了後、Macの電源を入れ即座にcommandoptionPRの4つのキーを同時に押します。2回目の起動音がなったら離します。

SMCのリセット

システム管理コントローラーのリセットを行います。サクッと説明するとハード周りがおかしいなぁと感じたときに行うことのようです。

SMCのリセット方法

controlshiftoption+電源ボタンを10秒間推し続けます。機種によってやり方が異なりますので、私と同タイプでない場合は公式サイトを参照してください。

Apple Diagnosticsを行う

Macにはなんと!みずからをテストするApple Diagnosticsという機能が搭載されています。

Apple Diagnosticsのやり方

Macの電源を入れたらDキーを押し続けます。詳しくは公式サイトを参照してください。

診断結果は特に問題がないとのことでした。

つまりどれもダメでした。
あと出来ることはシングルユーザーモードですがネットに公開されている以上の事が出来ないので今回は行わず、クリーンインストールすることにしました。

クリーンインストール

クリーンインストール時の再起動でも同じところで起動が止まりセーフモードで再度起動しインストールを完了させました。

なんでセーフモードでは起動できるのか?

そういやぁセーフモードでは高速グラフィックが無効化されるらしいです。それって・・・GPUに問題ある可能性・・・・ って事で修理に出す方向にシフトしました。問題は仕事で使うMacなので納期です。保証期間はとっくに過ぎているので、正規にこだわる必要はありません。最短納期で修理できる方法を模索します。

選択肢は以下の3つ

  • 即日対応をうたう非正規のリペアショップに頼む
  • Apple正規のサービスプロバイダに頼む
  • Appleに頼む

とりあえず全て電話して色々伺いましたが、修理サポート範囲内のMacなら非正規は無いと言う結論に至りました。クリーンインストールまで行ったMacで同様の症状が起こるのは、システム的な要因よりも機械的な要因を抱えている可能性が高いらしいからです。

これに至った経過を「Macの修理は即日対応をうたう正規以外のショップよりも正規の方が速い?!」でまとめています。

短納期視点での選択肢

症状にもよりますが全て上手くいった場合は正規サービスプロバイダだと思います。不確定要素が多い場合はAppleです。Appleでも正規プロバイダでもその辺りはつつみ隠さず相談に乗っていただけますので、まずは正規に連絡するのが短納期においても正しい選択です。

今回私は正規プロバイダさんにAppleの方が納期が読みやすいと言うアドバイスをいただいたので、Appleに依頼することにしました。

有事に備えてセカンドMacの購入を検討したいところです。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する