Applications

Mac Mailで「メールボックス◯◯に移動できませんでした」となりメールを削除できない

2017.10.21

ゴミ箱

最近迷惑メールがエグくなったと感じています。
サービスを提供している公式と同じメアドに偽装してフィッシングしたり、
テキストメールと見せかけて実はHTMLメールの画像で、メール全体がクリック範囲だったり、ITリテラシーの低い人なら騙せるんだろうなぁ〜って思えるぐらい手がこんでいます。

フィッシングメールもうざいのですがウィルスが添付されたメールもなかなかのウザさで誤ってクリックしないように気をつけなけでばなりません。
そんな最中、思いっきり*****VIRUS******とラベルの付けられたメッセージが削除出来なくて焦ってしまいました。

Sponsored Links

メールが削除できない

ウィルスと思しきメールが削除できない場合

なんか思いっきりウィルス判断がされているメールが削除できないのは気持ち悪すぎますので、対処することにしました。

該当のメールを探す

アクセス権がどうのこうの書いてあったのでまず、該当メールの保存場所を調べます。

セキュリティスキャン

でもその前にセキュリティソフトでスキャンをかけることをおすすめします。アプリによってはそのまま駆除されることもありますし、保存場所がわかるものもあります。

ちなみに私が使っているesetの「CUBER SECRITY PRO」はウィルスならファイルまでのパスがわかります。

Finderの検索機能

セキュリティソフトで対処できない場合はファインダーから検索します。
Users>ユーザー名>Library>Mailまで移動し、該当メールの件名や本文の一部をコピーし検索窓に貼り付けます。

メールを検索

小窓の名前が一致をクリックします。検索となっているところを右クリックして並び順を追加日や変更日にすると探しやすいです。

メールを検索

メールを削除する

該当のメールを見つけたら削除します。Mailからは削除できませんでしたがFinderからはあっさり削除できました。Mailからも消えていました。

Mailのセキュリティ対策

今回のメールはサーバー側でもフィルターをかけていたのですが、あっさりかいくぐってきました。しかし、いつまたこんな事態に遭遇するとも限りません。

Gmailを経由させる

そんな時はGmailを経由させることをおすすめします。Gmailのフィルターはなかなか優秀でウィルスが添付されたメッセージを通すことは殆どありません。

サーバーからGmailに転送してもいいですし、設定のアカウントインポート経由でもいいと思います。

SSL接続は必須

アカウントインポートを行う場合は、必ずSSL接続にチェックを入れてください。SSL接続を行わずに、アカウントインポートを行うとメールアカウントがハッキングされる可能性が極めて高くなります。

セキュリティ対策でセキュリティリスクを背負ってしまったら意味がないですからね!

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する