Applications

Macのダウンロードフォルダを日付ごとに自動で振り分けるAppleスクリプト

2017.11.13

Macのダウンロードフォルダを日付ごとに自動で振り分けるAppleスクリプトのアイキャッチ画像

Macで色々な作業を行なっていると案外ダンロードフォルダがカオスになります。特に新しいことを始めた時は酷いです。 私だけでしょうか?
せめてダウンロードフォルダが整理されていれば後々の管理が楽になります。ってなわけでダウンロードフォルダを整理できるフォルダアクションを設定します。

Appleスクリプトでフォルダ整理

フォルダ内にファイルが生成や移動されれば、年月のフォルダが自動で作成されその中にファイルが移動される仕組みです。

on adding folder items to thisFolder after receiving theseItems
  tell application "Finder"
    set fileList to (every file whose name does not end with "part" and name does not end with "download") of thisFolder as list
    set folderList to every folder of thisFolder as list
    
    repeat with i from 1 to number of items in fileList
      set curItem to item i of fileList as alias
      set curItemPath to (do shell script "stat -f \"%B\" " & (quoted form of (POSIX path of curItem)))
      set todayDate to do shell script "date +%Y-%m-%d"
      if not (exists folder todayDate of thisFolder) then
        make new folder at thisFolder with properties {name:todayDate}
      end if
      try
        move file curItem to folder todayDate of thisFolder
      end try
    end repeat
  end tell
end adding folder items to

実はAppleスクリプトのことはよくわかっていないのですが、とりあえずこのスクリプトで満足いく動作をしています。わかる人が見れば、もっと改良できるのでしょうが・・・・。とりあえずこのままでも普通に便利です!アップしておきますのでよかったら使ってください。

フォルダアクションを設定

まず先ほどのファイルを
Users>ユーザー名>Library>Scriptsに「Folder Action Scripts」という名前のフォルダを作成し格納します。

フォルダを指定

つづいてダウンロードフォルダーを右クリック
サービス>フォルダアクション設定>関連付けるスクリプトを作成したスクリプトで指定します。

アクションを指定

フォルダアクションを設定

設定は以上です!

地味に便利なスクリプト!

今回の記事は2013年に別のブログで作成した記事をまとめたものです。2013年は作成中のトライアンドエラーも掲載しており結局どれやねん!的な内容になっていたので、こちらでまとめさせていただきました。ダウンロードフォルダが振り分けられる機能は地味に便利なので、工数削減に寄与してくれるものだと思います。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する