Applications

Homebrew使うならGUIで操作できるCakebrewがわかりやすい!

2017.12.04

2017.12.05

cake

MacのパッケージマネージャーHomebrewは開発環境を整えるのに便利とのことですが、コマンドで操作を実行しますので初心者や苦手意識のある人にはとっつきにくい印象です。でもHomebrewにはGUIで使えるCakebrewってアプリがありました!

Cakebrewとは

CakebrewはHomebrewをGUIで操作できるアプリで記事作成時点ではベータ版として公開されています。オープンソースなので必要に応じて改善してください!とのことです。

Cakebrewで出来ること

左メニューから実行できることです。

Formulae

Formulaeはパッケージのことです。

Installed インストール済みのパッケージリスト。パッケージのアンインストールもここから行えます。
Outdated 更新できるパッケージ
All Formulae( 公開されている全てのパッケージ。ここから検索してパッケージをインストールすることができます。
Leaves 依存関係のないパッケージ。アンインストルも行えます。
Repositories リポジトリの管理

パッケージのインストール

パッケージのアンインストール

Tools

Doctor Homebrewの状態を調べることができます。
Update Homebrewのアップデートを行います。

Cakebrewのインストール

Cakebrewを使うには予めHomebrewがインストールされている必要があります。Homebrewのインストールは「Macでプログラム学習環境構築するならHomebrewが色々便利」を参考にして下しさい。

Cakebrew自体のインストールはとても簡単です。

  1. 公式サイトからCakeBrewをダウンロードしてきます
  2. ディスクイメージを展開してアプリケーションフォルダにドラッグする

以上です。

可視性がよくなるのでパッケージ管理にいいかも!?

つかってみた感想ですがコマンドラインから操作する方が一つ一つは早いです。しかし、パッケージが可視化できていいますのでパッケージ管理やステータスの確認はGUIがやっぱ良いですね。Homebrewがパッケージマネージャーなのでなんか「うん、知ってる」ってことを連呼してる気がします。

WEBSITE DESIGN REQUEST

ホームページ制作依頼について

W・D・Sでホームページ制作をご希望の方はお気軽にご相談ください。
制作内容、ご予算、納期をお知らせいただくとスムーズです。

ホームページ制作を相談する